【通信】携帯2社、5G投資4兆円 今後10年の国内景気けん引 [ムヒタ★]

1: ムヒタ ★ 2020/11/04(水) 06:02:53.87 CAP_USER.net
国内通信大手が次世代通信規格「5G」のインフラ整備向けの投資を大幅に増やす。ソフトバンクとKDDIは今後10年の基地局整備などにそれぞれ2兆円を投じる。通信業界は約10年ごとに規格の世代が変わり、設備の大規模更新が必要になる。前世代の4Gと比べて5Gはスマートフォンやネットサービスなど関連産業の裾野が広く、景気を下支えしそうだ。 ソフトバンクはこのほど2030年度までに新たに2兆円をかけて基地局… 2020/11/4 2:00 (2020/11/4 5:19更新) https://www.nikkei.com/a…icle/DGXMZO65792470T01C20A1MM8000/


43: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 08:57:06.51 YlgWdZPk.net
>>1 さっさと通信料金下げて国内景気を牽引しろよ。

5: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 06:12:58.12 2mUArztj.net
8Kテレビと同じだな

12: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 06:36:31.70 lBYmSiMt.net
新宿の伊勢丹前の丸いがストアになっていたよ

16: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 06:58:56.60 b8FTNwm5.net
5Gの普及には税金も投入されます 公表している4兆円のうち半数は税金であろうな

20: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 07:29:05.74 XQPzadW1.net
過度にインフラに金出したって国の景気は上がらんやろ

21: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 07:36:07.21 bsYh9gq9.net
もう日本製品は高かろう悪かろうだね。中国に移住したい。

23: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 07:37:19.13 nKAfwzIr.net
日本だけが進化から背を向けてると あらゆる競争力が坂道を転げ落ちるみたいに落ちていくぞ

28: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 08:00:19.72 0tA/66yq.net
4K8kの番組って増えるんか?

30: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 08:16:17.22 hfgl12yb.net
5G投資なんてしなくて良いから携帯代下げろ

32: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 08:21:10.44 yuKHBg0h.net
5G対応機種だと5G強制加入させてるけどエリアが狭すぎる

33: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 08:23:31.73 sX7DxVm+.net
必死やなw そんなことよりまず5割値下げが先だろ、胡麻化すな

40: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 08:44:32.93 pYwZMZBK.net
また携帯会社が合併したり消えたりしそうだな インフラで競合して無駄なんだよ

45: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 09:04:52.49 xjyOZByl.net
現状 3G+4G+5G 3G終了予定+5G設置中 10年後? 4G+5G+6G 3G終了+6G 終了予定+設置完了+新規設置で更新して行くから3世代共存になるのは仕方ない

49: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 09:32:52.96 QxN3XIiy.net
あと、トン協ことJMCIAってのがあって 高速道路や地下鉄は共同で整備してる

52: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 09:42:58.80 xjyOZByl.net
4G=5Gは、4Gの基地局で5Gを使えるようにする技術で速度は、4Gと同じ メリットは、早期に5Gエリアが増える 投資を抑えられる 純粋5Gは、速度速い、延滞がほとんどない デメリットは、到達距離が短い、障害物に弱い 都会だけ大量にアンテナ建建て、田舎は、4G5G切り替えで速度遅いってなりそう

53: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 10:15:36.04 GPQfmZNn.net
一昔前の光回線より高速な通信とか必要か? 現状でも早いんだから4G側の遅延対策した方いいよ。

60: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 10:51:30.93 TuChuwma.net
景気いい話で結構だな その前に踏み倒した加入権返せよドロボー

61: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 10:57:11.72 7YqdsBrn.net
携帯ショップの中とか空港とかほんと一部の地域でしか使えないのは今後どうにかなるのかね?

63: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 11:15:06.46 heva1Eeo.net
まだ早い おれは6Gまで待つ

66: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 11:25:57.22 ubCLWtMQ.net
日本経済の救世主 菅は携帯会社いじめんな

74: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 12:43:58.70 2vv+YM3Q.net
国内のメガ通信会社3社で共同して設備投資すれば負担少なくて済むのに 同じところに通信局が複数あるのって無駄じゃない?

76: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 13:10:44.47 aokV7kb9.net
もうskype電話作ってWIFI基地局を増やせよ

85: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 16:42:28.90 6vRaCb+i.net
無線のインフラに兆単位の金がかかるか?

86: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 16:43:28.08 6vRaCb+i.net
基地局の土地買収費用? 山間部の鉄塔建設費用? なんで兆円単位のコストがかかる?

89: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 17:44:05.41 yR0rKn/y.net
>>86 電波が届く範囲が狭いからじゃないの

121: 名刺は切らしておりまして 2020/11/05(木) 01:06:55.39 9UghDOon.net
>>86 鉄塔が50m級のでかいので4〜5千万、通常の15m級で1〜2千万でアンテナや機器は8年鉄塔は40年償却 伝送設備工事は光回線1kmあたり数億で6年償却

90: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 18:20:16.23 uqo7aLcA.net
ミリ波帯は広帯域だけど、減衰激しい電力効率悪いで、近接でなければ 使い物にならない。 技術的には面白いが。

98: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 19:49:31.51 O0RzR/q7.net
一人で30局ぐらい設計することになった 来年秋までにs-in目標・・・

106: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 21:29:32.20 G4qdIgth.net
今後10年間で1キャリアにつき2兆円ってかなり安くない? 毎年2兆円じゃなくて1年につき2000億円でしょ? むしろ、もっと投資を増やして5G普及を前倒しするべきだとさえ思う。 なんでこんなに安い金額なのにかみつく人がいるんだろう?

107: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 21:42:05.67 JYiNtVMm.net
始まる前のオワコン… www

108: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 21:55:04.07 Gg9psI/1.net
受信出来る範囲が限定的すぎて基地局倍にしてもきついだろ 範囲広げる方法ないのか

117: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 22:55:27.68 jCNuhd5h.net
日本のってミリ波じゃないなんちゃって5Gで アンテナもめっちゃ少なくて繋がるとこ大都市限定じゃなかった?

124: 名刺は切らしておりまして 2020/11/05(木) 01:10:45.05 WiLTUDKS.net
>>117 ミリ波だから速い訳じゃないぞ?今Sub6で使ってる周波数は従来に比べたら帯域幅は広いから速度は4Gより速いただし繋がればなw

119: 名刺は切らしておりまして 2020/11/04(水) 23:18:10.66 jjLWAoS/.net
10年で、数兆円ですか、しょぼい話だわ。 山火事に霧吹きでんなぁ。

122: 名刺は切らしておりまして 2020/11/05(木) 01:07:38.13 Q3Gwj/h0.net
その投資、ファーウェイに行くのか

129: 名刺は切らしておりまして 2020/11/05(木) 06:12:57.34 zv9hNuKC.net
携帯会社3社なんて日本人みんな知ってるんだからCM止めたらええ

131: 名刺は切らしておりまして 2020/11/05(木) 06:42:36.47 tEYKwOGM.net
周波数について一切触れない無能日経

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1604437373/

人気記事ランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ